ふくしまFM

福島・郡山 81.8MHz 会津若松 82.8MHz いわき 78.6MHz 白河 79.8MHz 原町 78.6MHz

PROGRAM ARCHIVE番組アーカイブ

キミノチカラ、海をこえて~青年海外協力隊の道~ キミノチカラ、海をこえて~青年海外協力隊の道~

2021年3月27日(土)放送分 GUEST:鈴木 育未さん<後編>

2021年3月27日(土)放送分
鈴木育未さん<後編>

青年海外協力隊 2018年度4次隊でペルーに派遣

おはようございます、DJイタルです。 2、3月とお届けしました春の特別編も最終回です・・・泣 必ずまた再開したいと思いますので、一時最終回にしておきます。笑

今週のゲストは、先週に引き続きまして、 青年海外協力隊 2018年度4次隊でペルーに派遣されていました、 鈴木 育未)さんです。 職種はコミュニティ開発です。 鈴木さんが派遣された国「ペルー共和国」。 日本からは地球の反対側の南米の国です。 世界遺産「マチュピチュ」が有名ですよね。 実はマチュピチュ村の初代村長は福島県出身の方なんです。 福島県大玉村出身でマチュピチュ村初代村長を務めた故野内与吉の功績が縁で、2015年10月26日にペルー共和国マチュピチュ村と福島県大玉村が友好都市協定を締結しました。それをきっかけに大玉村は東京オリンピック・パラリンピックのペルーのホストタウンにもなっているんです。

日本の3倍もの国土を持つペルーは大きく3つの地域に分かれているそうです。太平洋側の海沿い地域、中央の山岳地域、そしてアマゾン地域と分かれていて、気候も全然違うそうです。山岳地域のマチュピチュのイメージが強過ぎて、ちょっと寒い印象でしたが、鈴木さんが派遣されていた海沿いの地域では年中30℃以上の常夏地域だったそうです。鈴木さんも予想と全然違ったって。笑。 協力隊‘あるある’ですけど、やっぱり任地に行くまで分からないんですね。

鈴木さんの職種が「コミュニティ開発」 青年海外協力隊の何でも屋さん。派遣される国や地域によって仕事の内容というか振り幅というか、求められるものが全然違うんです。まぁだから何でも屋さんなんですけど。笑 さて、気になる要請内容は、農業、観光、環境の3つの分野で経済開発をしてください。だそうです。いやいやザックリ過ぎじゃない?!笑 ペルー北部のピウラ州タンボグランデという農業が盛んな町の町役場に派遣され、経済開発課が鈴木さんの配属先になりました。 さて、何から始めましょうか?なんせ経済開発して下さいとの要請ですから。 そこで鈴木さんは自己紹介から始めました。 え?そこから? そうです、そこからです。 町の人からすれば、どこの誰だか分からない外国人が、何をやっているのか分からないわけですから。 まず自己紹介をして自分を知ってもらうことから始まり、そして今度は町を知るために、同僚の仕事を理解したり、農家や住民の生活の調査をしたそうです。農家を訪問したり、町のあるもの調査で街に出かけたり。そうして身近な生活を知ることで、住民に対して自分に出来ることが分かってきたと言います。 9ヵ月経って、初めて見えてきたもの。 自分にできることを探して、上司に少しずつ自分の活動を報告していたら、ある段階を堺にとても協力的になり、信頼関係がいつの間にか出来上がっていたそうです。一つ一つの小さな行動の積み重ねが人間関係を作っていくのですね。9ヵ月経って、上司の活動の主語が「君がやりなよ」から「僕らでやろう」に変わったのです。とても嬉しかったそうです。

動き出した鈴木さんの活動は、子供に対する環境教育、異文化理解のワークショップや農家に対してのワークショップと多岐にわたります。 9ヵ月間、町を見てきたからこそ、自分にできることだと思った。 動き出した、という実感があったそうです。 その矢先の一時帰国でした。 新型コロナウイルスの脅威はペルーも例外ではありません。 外出禁止、町のロックダウンにより状況がガラリと変わりました。 任期をちょうど1年を残して、一時帰国。 ただ正直、すぐに戻れると思ったそうです。 だから、まだペルーのホストファミリーの家に荷物を残しているのです。 これは‘心残り’じゃなく‘希望’を残してきたってことですよね。 鈴木さんは帰国後、縁があって二本松市にある二本松農園で働いています。 農業ビジネス、地域づくりについて学んでいます。 ちなみに美味しい季節の農作物をインターネット販売もしていますので、ぜひ「里山ガーデンファーム」で検索してください! 鈴木さんの協力隊の道はまだ終わっていません。 またいつかペルーへ。 今を楽しみながら、次の再開に向けて準備を進めています。

さて、2カ月に渡ってお届けしました「春の特別編」も今日が最終回。 本当にありがとうございました! 昨年は新型コロナウイルスの影響で全てのJICA海外協力隊の一時帰国など国際協力の現場も一変しました。 ただ現在は、少しずつ派遣も再開され、いよいよ新規隊員の募集も始まります! J I CA海外協力隊の新たな歩みが始まります。 そこにどんな「海外協力隊の道」があるのでしょうか。

次の「海外協力隊の道」を歩むのは‘あなた’かもしれませんね。
キミノチカラ 海をこえて

JICA二本松インフォメーション

JICA海外協力隊は、開発途上国の現地の人々とともに生活や技術の向上などに取り組む活動で、すでに5万3千人以上の多くの方々が参加しています。 また、帰国後は日本や世界で、協力隊の経験を活かした活躍が期待されています。

残念ながら昨年3月以降、新型コロナウイルス感染拡大の影響により、全世界の派遣隊員の一時帰国を余儀なくされ、新規の派遣も延期されていました。 現在は、派遣先国での隊員の健康と安全確保を確認した上で、国ごとに徐々に派遣を再開しており、ベトナムではすでに隊員が活動しております。派遣再開に関する最新動向は、JICA海外協力隊のホームページをご覧ください!

ホームページでは、その他にも協力隊員の現地での生活や活動、派遣前の訓練の様子など様々な情報が入手できます。

あなたの力がいつか世界を変える力になります!
詳しくは、JICA二本松のホームページや公式SNSをご確認下さい。

JICA二本松 facebookはこちら!
あなたの「いいね!」お待ちしております

3/27(土)の放送は、radikoのタイムフリーから!

※タイムフリー機能で聴くことができるのは、放送後1週間となります。
 

2021.03.20(土) 10:03
PAGE TOP