ふくしまFM

福島・郡山 81.8MHz 会津若松 82.8MHz いわき 78.6MHz 白河 79.8MHz 原町 78.6MHz

PROGRAM ARCHIVE番組アーカイブ

福島トヨタ ここからモーニング 福島トヨタ ここからモーニング

2021.5.3~5.7【放送内容】

5月3日(月)

アコセレ

今月の「アコセレ」は、「小松田あこ、ちょこっとでいいから贅沢したい!!」ということで、ちょっとしたコトやモノで贅沢気分を味わうヒントをご紹介していきます。その卵とは、なんと1個税込み540円!その究極の卵で、究極な卵かけご飯を食べてみたいと思うのです。

この卵を生産しているのは、会津坂下町にある「やますけ農園」です。 ここでは鳥たちが、ゲージの中ではなく、平飼いという地面の上でのびのびと暮らしています。 夏場になると、小屋の外に遊び場を作って放し飼いもします。 餌にも、地元産の米や大豆、そばなど、人間が食べても害がないようなものを与えています。

そんな素晴らしい環境の中で、卵を産んでくれるのが「烏骨鶏」という種類の鳥です。 烏骨鶏は、ニワトリの原種の鳥。 薬膳の効果も持っている鳥で、 元々中国では、皇族が美容と健康のために食べていたとされています。
ここ、やますけ農園では、その烏骨鶏の中でも純粋な血筋のものだけ飼育しています。 そんな卵ですが、一般に、ニワトリが年間に生む卵の数は230個。 それに対してこの烏骨鶏は年間に40個程度しか生みません。 それだけ貴重だということがわかります。 こうして全てにおいて見てみると、1個540円という値段が付くということにも納得できるわけです。

この卵の商品名は「妻のためのたまご」 実は、このやますけ農園 の園主の山口英則さんが奥様のために始めたことだからなんです。 会津坂下で育った山口さん。 海外で仕事をすることが夢だった山口さんは大手企業に就職、10年近くヨーロッパでの 海外勤務という夢を果たします。ただ、心配だったのは奥様のこと。 結婚まもなく一緒に海外に渡った奥様は、ストレスのために体調を壊してしまいます。 人生は一度きり。その一度は家族のために使いたい。 そう思った山口さんは、当時勤務地だったフランスのパリで辞表を出し、帰国しました。 家族の健康が第一と考えた山口さんが始めたことが、養鶏でした。

山口さんはこうおっしゃいます。
「自分は特別なことをやっているわけではないんです。 自然に沿って当たり前のことをしているだけなんです。それが健康につながるだけなんです。」
そうです。究極の贅沢とはそういうことなんです。

5月4日(火)~5月6日(木)

 

福島人 FROM 会津坂下町
竹原肉店 渡辺美幸さん

小さい頃は、お小遣いで”馬刺し”を買っていました。

  • 竹原肉店とは?
  • どうして会津坂下町では、馬肉が有名なのか?
  • 焼肉・居酒屋「竹原」で提供するお肉のこだわり
  • 馬肉の魅力とは?
  • これからどんな福島人になりたいですか?

5月7日(金)

 

ヒストリー・ドライブ

1996年5月、平成8年に、時空のドライブへ出かけます!

福島トヨタインフォメーション

2021.05.03(月) 08:04
PAGE TOP