Teatime Paradise

スペシャルゲスト 俳優 斎藤工さん

 「キミノチカラ、海をこえて 〜青年海外協力隊の道」10/14放送

こんにちは、DJイタルです。

キターーーーーーーーーー!
ついに、この日がやってまいりましたっ!

「impress」で番組告知してから、はや1ヶ月。
その日の番組SNSは過去最高のアクセス数!
いつ放送するの?と問い合わせが相次ぎ。
会う人会う人に、どうだった?と聞かれ。
あまりの反響の大きさにディレクターの編集の手が震えるほど。笑

さぁ、大変お待たせ致しました。
俳優の斎藤工さんの登場です!

なぜこの番組に斎藤工さんが?って思うでしょ?

実は斎藤工さん、今年3月にBSフジで放送されましたJICAボランティアの「今」に密着した番組「いつか世界を変える力になる」にご出演されていまして、実際にアフリカ・マダガスカルで活動している協力隊にも会いに行かれたんです。
そして今回、新たなJICAボランティアに密着したドキュメンタリー番組の撮影でJICA二本松訓練所に来られて、そんな撮影の忙しい中、インタビューさせていただきました。
まぁ、まさに奇跡の出演です!

青年海外協力隊員に会いにマダガスカルへ行かれた斎藤工さん。
せっかくマダガスカルに来たならと、現地で活動する協力隊員と一緒に、現地の小学校で移動映画館と映像撮影のワークショップを行ったそうです。
出演はもちろん、カメラ、音声、監督、ヘアメイクも子供達が役割分担し、実際に子供達が自ら撮影を行い、上映をしたそうです。

斎藤工さんのライフワークとも言える移動映画館。
実は震災後の福島県でも、この移動映画館が行われています。
斎藤さん自身がたくさんの映画に救われキッカケをもらったから、そう言った経験を多くの子供たちに体験してほしかったそうです。
映画は疑似体験と言います。映画のスクリーンは窓で、世界中のいろんな景色や文化を見ることが出来る。
まずはどんな捉え方でもイイから、マダガスカルの子供達にとにかく映画づくりを通じた職業体験をして欲しかったそうです。

帰国後にマダガスカルの小学校の先生から斎藤さんの元へ手紙が届きました。
‘あなたたちは一体何をしたの?’
子供達が掃除をするようになった。規則正しく授業を受けるようになった。
映画の影響だけではなく、斎藤さん達が撮影終了後に現場を片付けたことなども子供達の生活の変化に繋がっているそうです。 
少しでも子供達の心に彩りを添えたいと言う斎藤さんの思いが伝わったんですね。

JICAボランティアのみんなと一緒に出来るコトが、もっとあるかもしれない。
JICAと出会ったことで夢が広がった。と言います。
斎藤工さんの国際協力もまだ始まったばかりなんですね。

今回、斎藤工さんと話しをさせて頂いて感じたのは、国際協力やJICAボランティアについてすごく勉強されているし、とても謙虚だけど思いを言葉にするチカラがある方なんだと感じました。

ちょうどこの日は、岳温泉の盆踊り大会が開催されていまして、斎藤さんも夏祭りを楽しんだようです。










そんな斎藤工さんが出演している番組「いつか世界を変える力になる」はYouTube青年海外協力隊事務局公式チャンネルで公開中です。
「いつか世界を変える力になる」(テレビ番組全編)
https://www.youtube.com/watch?v=7Z9cyQnt10U&list=PLAVRoub8i3hBNRDZX80cAkJAl3rFwVROg

現在撮影中の新たなJICAボランティアのドキュメンタリー番組は、放送日が決まりましたら改めてご案内しますね。ぜひお楽しみに!

あ、そんな斎藤工さんがマダガスカルを訪問した写真パネル展が開催中なんです!
10月12日〜19日 ショッピングモールフェスタ(郡山市)
10月19日〜30日 道の駅あだち(下り線)

福島県内、JICAボランティア秋募集の説明会も開催中です!
イベントの詳細はJICA二本松のホームページ、facebookをご覧ください。

JICA二本松 facebookはこちら!→http://www.facebook.com/jicantc
あなたの「いいね!」お待ちしております。

合わせて、この番組のFacebookもよろしくお願いします。
キミノチカラfacebookはこちら!→https://www.facebook.com/fmf0818
2017年10月14日(gy) 08:30

JICAボランティア秋募集特集

 「キミノチカラ、海をこえて 〜青年海外協力隊の道」10/7放送

こんにちは、DJイタルです!

10月です。
またこの季節がやってまいりました。
そう!秋・募・集ですっ!
何の秋募集かって??
もちろんJICAボランティアの秋募集ですぜっ!
春と秋、年2回行われますJICAボランティア募集がついに始まったんですっ!
ってコトで、今週の放送は‘JICAボランティア秋募集特集’です。

JICA青年海外協力隊事務局の山本美香局長のお話に加え、おなじみJICA二本松訓練所・洲崎所長の中学生でも分かるJICAボランティア解説と、いつも頼もしいJICA二本松スタッフの湯澤さんと室井さんにお話を伺いましたよ!

まずは、この番組の基本となるところを改めて聞いてみたんです。
毎週当たり前のように番組で出てくるコトバ「国際協力」
国際協力ってなんだろう??

始まりは、「ごめんなさい」と「ありがとう」
太平洋戦争で迷惑をかけた国々への「ごめんなさい」と、戦後の復興に多くの国々から多大な支援を頂いた「ありがとう」から始まり、経済発展を遂げ、今度はそのご恩に報いる番となって世界のために行なってきた支援なのです。
そして今、その国際協力は一方的なモノではなく、世界が繋がっている中で、それぞれがお互いのための協力や支援に変わってきているそうです。

その国際協力を世界中で行なっているのがJICAボランティアなんですね。
現地の人たちと共に暮らし、共に働き、共に汗を流して、現地の人たちの目線から現地の人たちの発展のお手伝いをしています。
決して特別な人が特別なコトをしている訳じゃないんです。
世界から求められているシゴトは120種類以上。
飛び抜けた語学力や特別な資格が無くても参加できるシゴトも沢山あります。
教育や医療はもちろん、農林水産系、PC系、エンジニア系、野球やサッカー、柔道、水泳、卓球などなどスポーツでも参加できるんです。
あ、僕の同級生も水泳隊員でつい最近ジャマイカに派遣されましたよ!
2020東京オリンピック・パラリンピックもあるし、今スポーツ隊員は大注目なんです。

ちなみにこれまで700名以上の福島県出身者が参加して、現在も30名以上の福島県出身者のボランティアが世界で活躍しているんです!

さ、そんなJICAボランティアの体験談が聞ける募集説明会など、この秋イベント盛りだくさんなんです。
10月8日(日)会津大学の学祭で映画「クロスロード」上映
10月14日(土)いわきLATOV(いわき市)
10月18日(水)ミューカルがくと館(郡山市)

そして、10月29日(日)には、JICA二本松で1日体験入隊を開催!
訓練真っ只中のJICAボランティア候補生と交流できるビッグイベントです。
JICA二本松訓練所・洲崎所長の熱血講座もありますよ!
試験の答えは教えませんが、合格の仕方は教えます。きっと。笑

で、協力隊の活動風景を見ることが出来る写真パネル展も開催します。
10月12日〜19日 日和田ショッピングモールフェスタ(郡山市)
10月19日〜30日 道の駅あだち(下り線)
俳優の斎藤工さんがマダガスカルを訪問した写真パネル展も同時開催ですよ。
実際に協力隊が活動する現場に斎藤工さんが訪れているんです。

さぁそして、なんとなんと!
その、斎藤工さんが!!
来週10月14日、この番組に登場しますっ!!!
これマジっす、友達、親戚、バイト先の店長、みんなに教えてあげて!!!!
土曜日、朝8:30、お聞き逃しなくっ!!!!!


イベントの詳細はJICA二本松のホームページ、facebookをご覧ください!

JICA二本松 facebookはこちら!→http://www.facebook.com/jicantc
あなたの「いいね!」お待ちしております。

合わせて、この番組のFacebookもよろしくお願いします。
キミノチカラfacebookはこちら!→https://www.facebook.com/fmf0818


2017年10月7日(gy) 08:30

「グアテマラ」に派遣されていました、 菅野 ひかるさん

「キミノチカラ、海をこえて 〜青年海外協力隊の道」9/30放送

こんにちは、DJイタルです!

さぁ今週のゲストは先週に引き続きまして、
青年海外協力隊 平成26年度4次隊で「グアテマラ」に派遣されていました、菅野 ひかる (カンノ ヒカル)さんです。
職種は「感染症・エイズ対策」です。

菅野さんが派遣された国が「グアテマラ」
メキシコの南に位置する中米の国。公用語はスペイン語ですが、地域によっては先住民も多く現地語しか通じない地域もあるそうです。
ブロックを積み重ねた石造りの家が多く、外壁はカラフルなペンキで塗られているそうです。今でいうインスタ映えする風景ですかねっ?!
温暖な地域でして、そこら辺にマンゴーの木がたくさんあるそうです。
マンゴーが実る時期には同僚と一緒に石を投げてマンゴーを落としてかぶりついて食べていたそうです。自然の実りね、いやぁ贅沢ですねぇ。
はて?でもいったい誰のマンゴーの木だったんでしょ?!笑

菅野さんが派遣されたのが隣国のエルサルバドルとの国境の町、フティアパ県コングアコ市にあるコングアコ保健所に配属されます。
ここで、中南米地域の風土病と言われる「シャーガス病」の予防に関する啓発を行うことが菅野さんのシゴト。
カメムシの仲間であるサシガメという虫が媒介する病気で、感染すると心臓などを患って死に至ることもあるそうです。
原因がサシガメという虫であるため、この虫を探す調査も大事な仕事なんです。
同僚と一緒に集落の民家を一軒ずつ訪問して土壁の隙間などを懐中電灯で照らして地道に探すんですって。そして訪問先の住民に感染予防の対策について説明していくそうです。こりゃ地道に地味な作業ですよ。

その他、多くの住民に知ってもらうために保健所に手作りの掲示物を貼ったり、子供たちから予防を広げていこうと地域の小学校を訪問する活動もしていたそうです。
実は子供達の存在が大事なんですって。子供たちに伝えることで子供達がサシガメを意識し、それが親や親戚、地域に広がっていくという波及効果が生まれるそうです。身近に意識してもらうことが大事なんですね。

それと、そうして地域をまわっているとシャーガス病以外にも生活習慣病が多いことが分かったそうです。
そこで糖尿病患者のグループに対して、生活習慣病予防の体操教室を開きヨガなども行なっていたそうです。

多くの住民が菅野さんの活動を知り少しずつ活動が認められて、気付けば地域の一員になっていたそうです。
一歩ずつ。地道な活動がやがて信頼に変わるのです。

公務員の現職参加の菅野さんは、帰国後は元の職場に戻りました。
なんと帰国10日後には職場復帰。はやっ。
温かく迎えられて、周囲の理解やサポートにとても感謝しているそうです。
そんな周りの思いに、またこの職場で頑張れると確信したそうです。


                                                                                                                                                             
☆ JICA二本松インフォメーション ☆

2017年度JICAボランティア秋募集が始まっています!
福島県では郡山市、いわき市、会津若松市の3会場で募集説明会を開催いたします。

10月8日(日)会津大学短期大学部
10月14日(土)いわきLATOV(ラトブ)
10月18日(水)ビッグパレットふくしま
そして、
10月29日(日)はJICA二本松で1日体験入隊を開催!

募集に関するお問い合わせは、
JICA二本松のホームページ内「なんでも相談室」でも受け付けています。
皆さまのご応募お待ちしています!

詳しくはJICA二本松のホームページ、facebookをご覧ください!

JICA二本松 facebookはこちら!→http://www.facebook.com/jicantc
あなたの「いいね!」お待ちしております。

合わせて、この番組のFacebookもよろしくお願いします。
キミノチカラfacebookはこちら!→https://www.facebook.com/fmf0818
2017年9月30日(gy) 08:30

「グアテマラ」に派遣されていました、 菅野 ひかるさん

「キミノチカラ、海をこえて 〜青年海外協力隊の道」9/23放送

こんにちは、DJイタルです!

さぁ、今週は134人目のゲストさんです!
青年海外協力隊 平成26年度4次隊で「グアテマラ」に派遣されていました、菅野 ひかる (カンノ ヒカル)さんです。
職種は「感染症・エイズ対策」です。
宮城県のご出身です。
2015年3月から2017年3月までグアテマラに派遣されていました。

菅野さんの経歴が面白いんです!
高校卒業後は神社に就職し巫女として働いて、その後ワーキングホリデーでニュージーランドへ。帰国後はスーパーでアルバイトしたり、地元の会社でOLしたり、現在は福島で公務員をされています。
なんか振り幅がスゴイでしょ?笑

正直、神社に勤めている時は海外なんて考えたこともなかったそうです。
巫女をやめて、その後の人生を考えた時に、今まで見たこともないものを見てみたい興味や好奇心に気づいたそうです。よし海外に行こう。
初めての海外がワーキングホリデーでニュージーランドへ。
その後アジア諸国をバックパック旅行する中で見た開発途上国の現実。
物乞いをされたり、日本でできない経験が国際協力を考えるキッカケになったそうです。

そして、もう一つのキッカケ。
4年前、最愛のおばあちゃんを亡くした時に感じた虚無感。
震災から3年が過ぎて、3年前と何も変わらない閉塞感。
このままでは、きっと3年後の自分も何も変わらないかもしれないと思ったそうです。
だったら2年間ボランティアに行ったら何かが変わるだろうか。
帰ってきたらどんな景色が見えるのだろう。
日本の変わらない生活があって自分には行けないだろうと思っていた協力隊に行ってみたいと思うようになったのです。

どうせ行くなら自分で行けないとこに行きたいと中南米を希望したそうです。
はじめは仕事を辞めて行こうと思ったそうですが、周りに相談して、職場の協力を得ることができて、現職で参加することになったのです。

さ、菅野さんの「グアテマラ」での活動については、また来週!
お楽しみに〜!


                                                                                                                                                             
☆ JICA二本松インフォメーション ☆

現在、JICA二本松訓練所では2017年度3次隊の受け入れ準備と、
9/29(金)から始まる2017年度JICAボランティア秋募集に向けて、
着々と準備を進めております!

まずは、来週9/27(水)福島市AOZ(アオーゼ)4階で、午後6:30から午後8:30までJICAボランティアの募集説明会を開催いたします!

そして、10/8(日)は会津大学短期大学部で映画「クロスロード」の上映と募集説明会を同時に行います。当日はJICAスタッフも参加いたします。
派遣や職種に関する悩みを、一緒に解決しましょう!

詳しくはJICA二本松のホームページ、facebookをご覧ください!

JICA二本松 facebookはこちら!→http://www.facebook.com/jicantc
あなたの「いいね!」お待ちしております。

合わせて、この番組のFacebookもよろしくお願いします。
キミノチカラfacebookはこちら!→https://www.facebook.com/fmf0818
2017年9月23日(gy) 08:30

「ザンビア」に派遣されていました、 遠藤 眞一さん

「キミノチカラ、海をこえて 〜青年海外協力隊の道」9/16放送

こんにちは、DJイタルです!

さぁ、今週のゲストは先週に引き続きまして、
シニア海外ボランティア 平成22年度2次隊で「ボリビア」に派遣されていました、遠藤 眞一 (エンドウ シンイチ)さんです。
福島県いわき市のご出身です。

遠藤さんが派遣された国が「ボリビア」です。
南米の内陸国、南米の中心コラソン(心臓)と呼ばれています。
観光ではウユニ塩湖などが有名ですよね。マジ行ってみたいわ〜。
遠藤さんが派遣されていたのがアルゼンチンとの国境の町、タリハ県。
なんと遠藤さんボリビア軍の将軍の家に住んでいたそうです。
し、将軍って!そりゃセキュリティは万全ですわね。
ホームステイというか敷地内にある借家で、なんと5部屋もあったとか!
シニアボランティアは協力隊員よりちょっとイイ家に住めるらしい。笑

さ、遠藤さんの職種が「水理地質学」
はて?どんな仕事なんでしょ?
簡単に言うと、井戸を掘るための地下水脈を探すシゴトだそうです。
井戸を掘ってはいるけど水が出ない場所もあるので、水の的中率を上げてほしいと言うのが要請内容でした。

タリハ県の地下水供給公社の技師として現地の同僚と一緒に実際に井戸を掘ったり、機械を使った電気探査をしたり、井戸のデータベースを作ったり、指導マニュアルの作成、技術的提案やノウハウの伝授と言うのも遠藤さんのおシゴトだったのです。

現場を見るまでは水の的中率が低いのは技術的な問題だと思っていたそうですが、実は現場の探査技術レベルは十分で、他に問題があったそうです。

派遣先のトップが半年ごとに代わってしまい、その度にスタッフも大幅に入れ替わりシゴトが継続されていかないのです・・・
それだけじゃありません!
機械の故障、スタッフの不正・・・ありとあらゆるゴタゴタが起きるそうです。
でも、これは、まぁ想定内だったそうです。
シゴトだけではなく生活に関することまで、いろんなことを想定して訓練所で学んでいたので、正直驚くことは無かったそうです。
環境や状況を悲観するのではなく、出来ることを考えるのです。

セカンドキャリアとして選んだJICAボランティアの道。
生き生きと話す遠藤さんの表情が、2年間の活動の答えですよね。

帰国後は、地元いわき市の建設コンサルタントで震災復興に関する調査設計をされています。
世界で活躍したチカラが、日本で活かされているのです。


                                                                                                                                                             
☆ JICA二本松インフォメーション ☆

今週、2017年度2次隊の訓練が無事に終了いたしました。
候補生から晴れて青年海外協力隊となり、8月に終了式を終えたシニア海外ボランティアと共に9月下旬からそれぞれの派遣国へと旅立っていきます。
2年後、無事に帰国した際にはぜひ福島にも遊びに来て欲しいですね。
充実した活動をして無事に帰国することを楽しみにしています!

いよいよJICAボランティア秋募集が始まります!
福島県では今月下旬から募集説明会を開催します。
まずは9/27(水)、福島市AOZで夕方から募集説明会を行います。

そして、おいしいイベントも開催です。
9/30(土)は、食を通して国際理解を深める「おいしく学ぶ、世界の暮らし〜マレーシア編〜」をJICA二本松で開催します。

この他にも、県内各地で募集説明会やイベントを開催予定です。
詳しくはJICA二本松のホームページ、facebookをご覧ください!

JICA二本松 facebookはこちら!→http://www.facebook.com/jicantc
あなたの「いいね!」お待ちしております。

合わせて、この番組のFacebookもよろしくお願いします。
キミノチカラfacebookはこちら!→https://www.facebook.com/fmf0818
2017年9月16日(gy) 08:30

ID
Pass

Generated by MySketch GE 1.1.4

Remodelling origin is MySketch 2.7.4