3月は浜通りで感じる春

まず、3月7日は楢葉町にお邪魔しました。
“笑ふるタウンならは”は「ならはCANvas」と「ここなら笑店街」で構成されている交流拠点です。震災、事故の影響を受けながらも、少しずつ、一歩ずつ歩んできたからこそ、この施設が誕生しました。これからの楢葉町が進んでいくためには必要な施設。
今までとこれからについて、お話を伺いました。

3月14日は富岡町にある、新しい情報発信拠点“ふたばいんふぉ”。
“ふたばいんふぉ”は地域の観光拠点という、大きな役割のほかに、震災、事故から今までの双葉地域の様子を知ることができる「記憶」の施設です。施設の開設のきっかけ、施設の説明、おみやげの販売、また、併設されているCafe135というお食事処の紹介など、語っていただきました。

3月21日は、東日本大震災、東京電力福島原子力発電所事故からの復活のシンボル“J-Village” 2018年夏に一部営業再開を果たし2019年4月20日、8年の時を経て全面営業再開しました。そこまでの道のりは、語りつくせないほど、様々なことがありました。震災、事故後の状況、そこからの再開までの流れ、これからについて、聴きましたよ。
また、いわき市で新たないちご狩り体験スポットが、誕生していた、ということで“ヘレナ ストロベリー ランド”に行ってきました。新たに誕生したいちご狩り体験スポットは“ヘレナリゾートいわき”の敷地内につくられました。ゴルフ、乗馬も楽しめ、さらに宿泊もできる複合型リゾート。今回は、季節ですので「観光いちご園 ヘレナ ストロベリー ランド」をピックアップ。施設のお話、品種のこと、楽しみ方、営業時間・曜日などについて、教えていただきました。
5月ごろまでは楽しめそうです。事前に電話して予約などすれば、スムーズに苺とご対面できますよ。

28日は、さらに苺情報満載。相馬市の“和田観光苺組合”と、南相馬市に店を構えるフルーツの老舗“YAMASAN”を取り上げました。和田観光苺組合は、津波の影響を受けた地域にあり、被害からの復活を果たしたその取り組みを紹介。また南相馬市にあるYAMASANで、おいしい生ジュースが飲めるジューススタンドがあり、気軽に楽しめる、ということで、苺を使ったおいしい濃厚ジュースを頂きました。そのほかフルーツの良さが存分に引き出されたゼリーの話など、フルーツに囲まれた幸せな取材でしたよ。
3月の放送で、春を感じてくれましたか?




2020年4月3日(金) 11:25

持続可能な地域インフラの維持管理のあり方を考えるシンポジウム

先日1月30日(木)郡山市にある福島県ハイテクプラザで
老朽化した道路などのインフラをどのように整備維持していくのかを考える
「持続可能な地域インフラの維持管理のあり方を考えるシンポジウム」が
開催されました。
シンポジウムを通じて、地域に欠かせないインフラの持続可能な整備を
進めるための方策などが提案されました。

その中で、先週、ゲストにお越しいただいた写真家の“山崎エリナ”さんが
特別講演を行いました。演題は「写真家が観た『インフラメンテナンスの現場』」。
山崎さんは寿建設(福島市)の依頼で、県内の道路やトンネル、橋などの
維持補修工事の様子を撮影し、写真展示など通じて、その重要性を伝えています。

当日は定員をはるかに超え230人ほどの参加者で満席。
かなり具体的なインフラ維持管理の在り方が話し合われました。

高速道路も、あり続けるためには維持管理が大切。これからもずっと
続いていきます。その現場にスポットを当てて、これからも撮り続ける
山崎エリナさん。
これからの活動にも注目していきましょう。
また現場の躍動感を伝えにラジオにも来てくださいね。

2月のテーマは
「温泉でほっこり!最新温泉情報」
県内には、温泉が数多く存在しています。それぞれに効能があり、寒い季節に体も心も温まる情報を届けてきました。特に、その中で新しい情報をピックアップしてお送りしました。
22日は、会津美里町にある「ほっとぴあ新鶴」のお風呂を紹介。そして会津美里町といえば、会津本郷焼。陶磁器の町です。「本郷インフォメーションセンター」という施設には、会津美里町の観光情報や本郷焼の魅力が発信されています。地域おこし協力隊の渡部未来さんと宮崎幹奈さんにお話を伺いました。本郷焼きのかけらアクセサリー「じゃらんかけアクセサリー」の話をしていただきました。陶磁器のかけらがアクセサリーに。確かに紋様がさまざまでキレイ。これを活用できないか?そのアイデアが素敵です。“じゃらんかけ”とは、この地域で使われている言葉だそうで、会津美里町発のリサイクルアクセサリーは、歴史と人をつなぐ架け橋なんだな、と感じました。金継ぎを施しているイヤリング、指輪もあって、見ていてあきません。楽しいですよ。ぜひ、ご覧になってください!



2020年2月22日(土) 11:25

いわきにある極楽浄土の世界 白水阿弥陀堂

今月のテーマは
「新年開運!ふくしまパワースポット」
県内各地のパワースポットを巡って御利益を集めています。
今回お邪魔したのはいわき市です。国宝・白水阿弥陀堂です。
秋の紅葉、時にはライトアップなどされる風景と共に、心落ち着き元気をもらえる場所。
この白水阿弥陀堂は願成寺の阿弥陀堂なんです。
願成寺の住職 赤土隆行さんにお話を伺いました。

永暦元年(西暦1160年)徳姫という女性が発願、建立されたと伝わる御堂。
堂内には、阿弥陀三尊(国重文)、持国・多聞天王(国重文)が安置されています。
現存する平安時代の阿弥陀堂が少ない中、浄土庭園も兼ね備えた、他に類を見ない御堂となります。

国宝 白水阿弥陀堂 拝観料は
<個人>大人500円、小人(小学生のみ)300円、未就学児無料 です。
この時期の拝観時間は 8:30〜15:30(閉門)になります。

赤土隆行住職には、次の日(26日)の「文化財防火デー」のお話もしていただきました。
文化財を守っていくこと。これが、大変なことなんです。
ここ最近の温暖化に関わる気象条件の悪化で、文化財を守る手立てもいろいろ考えなくてはならなくなりました。

白水地域は去年の台風の影響で浸水したところでもありますが、今は復旧が進んでいて、白水阿弥陀堂は、いつも通り拝観できます。
ぜひ、お出かけください。



2020年1月25日(土) 11:25

かわいいお店“プディングアリス”/“みちオシ”グルメグランプリ

今月のテーマは
「冬はスイーツで優しい気分に!」

今回はいわき市の泉玉露にある住宅街の一角に行ってきました。かわいい外観の“プディングアリス”。もともとプリンを中心に販売していたお店です。
お母さんが、娘のために作り続けた愛情あふれるメニュー。それは“プリン”と“チーズケーキ”。カスタードプリンは、牛乳、卵、砂糖、バニラエッセンスのみ使用。気泡を入れないで材料を混ぜ、火と話をしながら蒸らすこと。やさしくもおいしいカスタードプリンが食べられます。絶妙な硬さ。自分の実家も、母がプリンを手作りしていたので、それを思い出しました。そのプリンが、バケツのような大きさで食べることができるという、一度は試してみたい欲望をかなえてくれます。
チーズケーキもおいしい!ヒミツはクリームチーズだそうで、フランス産の繊細なクリームチーズをたっぷり使うことで風味豊かなおいしいチーズケーキが作られています。ベイクドチーズケーキの上にレアチーズケーキが乗ったような“ダブルチーズケーキ”は贅沢、かつ上品な一品でした。
バケツプリンなどは、注文したほうが確実に手に入ります。
お問い合わせは0246-56-7818までどうぞ。

つづいては・・・
12月12日(木)に仙台のトークネットホール仙台(仙台市民会館)で行われた
「“みちオシ”グルメグランプリ 宮城・福島ブロック大会」の模様をレポートしました。これは、地域の特徴・特色を生かし個性的で魅力ある店舗づくりを目指す「華づくり」という取り組みの一環として行われています。今年で14回目を数えます。
SA/PAのレストランコーナー・店舗が、1500円を上限として、地域ならではのイチオシ“みちオシ”メニューを開発しグランプリを目指して腕を競い合うものです。
“みちオシ”とは地元食材を使った高速道路(“みち”)でしか味わえない
イチ“オシ”メニューのこと。
新メニュー開発のテーマは
「地元食材を使った“みちオシ”メニュー〜イマココごはんで美味しい旅〜」
宮城・福島ブロックでは7店舗が競い合い、金賞に輝くメニュー2つが決定しました。
受賞したメニューを紹介しますと・・・

〇審査員特別賞 2メニュー
 エントリーNo.2 東北自動車道・菅生PA上り 「MI YA GI」
 エントリーNo.3 東北自動車道・安達太良SA下り 「川俣シャモ御膳」

〇金賞 2メニュー
 エントリーNo.4 東北自動車道・長者原SA上り「REBORN MIYAGI〜故郷見聞食〜」
 エントリーNo.6 東北自動車道・安達太良SA上り 「恵〜福彩膳〜」

地元の食材はが、どのメニューもふんだんに使われていました。とにかくメニュー豊富、豪華で採算度外視の傾向があるように見えました。また、彩り、盛りつけも審査対象となっているため、かなり研究してメニュー開発している印象を受けました。

金賞に輝いた2つのメニューは決勝大会に進出となります。
日本各地域でブロック大会が行われており、各ブロックで金賞に輝いたメニューでグランプリを競います。決勝大会は来年の3月です。
ここ最近の成績は去年、おととしと準グランプリ、グランプリは7回目の大会以来、出ていないということで、頑張ってほしいですね。



2019年12月21日(土) 11:25

冬はスイーツで優しい気分に!

今月のテーマは
「冬はスイーツで優しい気分に!」

クリスマスに「シュトーレン」を食べる習慣があるのはドイツやオランダです。ドイツでは、クリスマスを待つ4週間のアドヴェント(待降節)の間、少しずつスライスして食べる習慣があります。
シュトーレンはパン菓子で、レーズンとレモンピール、オレンジピールやナッツが練りこまれており、焼き上げたケーキの上には真っ白くなるまで粉砂糖がまぶされています。
そんなシュトーレンを地元、会津で作り、地元の新たな商品として販売しています。
その特徴は・・・
ドライフルーツにナッツそして皇室献上品としても知られる會津身不知柿(あいづみしらずがき)を銘酒「会津娘」に漬け込み生地へたっぷりと贅沢に練り込んで焼き上げた極上の洋菓子。その名も「會津が香るシュトーレン」。
上品な甘みが広がる優しい味。ほんのり、日本酒の風味が感じられます。洋酒ではなく日本酒に合うシュトーレン。まさに日本のシュトーレンと言えるのではないでしょうか?
インターネットでも購入できるそうです。
http://kobipan.com/

その他、たくさんの種類のパンがあります。
パンの香りは人を幸せな気持ちにしますね。


つづいての情報は・・・
「常磐自動車道・南相馬市にある『セデッテかしま』イルミネーションの点灯式」
すっかり季節は冬。冬のこの時期は、県内各地でもイルミネーションがともり
光の彩りできらびやかになります。高速道路のSA・PAも
寒い冬に、きらきらと輝く演出が施されているところがあります。
先月11月23日におこなわれた点灯式にお邪魔しました。
「鎮魂 復興 感謝 セデッテかしまイルミネーション2019」
LEDイルミネーション およそ35,000個が使われています。投光器を使って
セデッテかしま建物全体のライトアップもされています。
きらきらと浮かび上がったイルミネーションは、思わずため息が出るくらい
きれいですよ。光の海です。
セデッテかしまの周り中央広場を中心に、色とりどり、カラフルな
LEDライトが瞬きます。中央には、今年、さらに延長され15メートルと
なった光のトンネル。相馬野馬追をモチーフとした馬も飾られています。
イルミネーション期間は11月23日(土)〜2020年1月26日(日)までです。

夜の常磐自動車道ドライブの際は、セデッテかしまにお立ち寄りください。



2019年12月14日(土) 11:25

<< 前のページ

Generated by MySketch GE 1.1.4

Remodelling origin is MySketch 2.7.4