かわいいお店“プディングアリス”/“みちオシ”グルメグランプリ

今月のテーマは
「冬はスイーツで優しい気分に!」

今回はいわき市の泉玉露にある住宅街の一角に行ってきました。かわいい外観の“プディングアリス”。もともとプリンを中心に販売していたお店です。
お母さんが、娘のために作り続けた愛情あふれるメニュー。それは“プリン”と“チーズケーキ”。カスタードプリンは、牛乳、卵、砂糖、バニラエッセンスのみ使用。気泡を入れないで材料を混ぜ、火と話をしながら蒸らすこと。やさしくもおいしいカスタードプリンが食べられます。絶妙な硬さ。自分の実家も、母がプリンを手作りしていたので、それを思い出しました。そのプリンが、バケツのような大きさで食べることができるという、一度は試してみたい欲望をかなえてくれます。
チーズケーキもおいしい!ヒミツはクリームチーズだそうで、フランス産の繊細なクリームチーズをたっぷり使うことで風味豊かなおいしいチーズケーキが作られています。ベイクドチーズケーキの上にレアチーズケーキが乗ったような“ダブルチーズケーキ”は贅沢、かつ上品な一品でした。
バケツプリンなどは、注文したほうが確実に手に入ります。
お問い合わせは0246-56-7818までどうぞ。

つづいては・・・
12月12日(木)に仙台のトークネットホール仙台(仙台市民会館)で行われた
「“みちオシ”グルメグランプリ 宮城・福島ブロック大会」の模様をレポートしました。これは、地域の特徴・特色を生かし個性的で魅力ある店舗づくりを目指す「華づくり」という取り組みの一環として行われています。今年で14回目を数えます。
SA/PAのレストランコーナー・店舗が、1500円を上限として、地域ならではのイチオシ“みちオシ”メニューを開発しグランプリを目指して腕を競い合うものです。
“みちオシ”とは地元食材を使った高速道路(“みち”)でしか味わえない
イチ“オシ”メニューのこと。
新メニュー開発のテーマは
「地元食材を使った“みちオシ”メニュー〜イマココごはんで美味しい旅〜」
宮城・福島ブロックでは7店舗が競い合い、金賞に輝くメニュー2つが決定しました。
受賞したメニューを紹介しますと・・・

〇審査員特別賞 2メニュー
 エントリーNo.2 東北自動車道・菅生PA上り 「MI YA GI」
 エントリーNo.3 東北自動車道・安達太良SA下り 「川俣シャモ御膳」

〇金賞 2メニュー
 エントリーNo.4 東北自動車道・長者原SA上り「REBORN MIYAGI〜故郷見聞食〜」
 エントリーNo.6 東北自動車道・安達太良SA上り 「恵〜福彩膳〜」

地元の食材はが、どのメニューもふんだんに使われていました。とにかくメニュー豊富、豪華で採算度外視の傾向があるように見えました。また、彩り、盛りつけも審査対象となっているため、かなり研究してメニュー開発している印象を受けました。

金賞に輝いた2つのメニューは決勝大会に進出となります。
日本各地域でブロック大会が行われており、各ブロックで金賞に輝いたメニューでグランプリを競います。決勝大会は来年の3月です。
ここ最近の成績は去年、おととしと準グランプリ、グランプリは7回目の大会以来、出ていないということで、頑張ってほしいですね。



2019年12月21日(土) 11:25

冬はスイーツで優しい気分に!

今月のテーマは
「冬はスイーツで優しい気分に!」

クリスマスに「シュトーレン」を食べる習慣があるのはドイツやオランダです。ドイツでは、クリスマスを待つ4週間のアドヴェント(待降節)の間、少しずつスライスして食べる習慣があります。
シュトーレンはパン菓子で、レーズンとレモンピール、オレンジピールやナッツが練りこまれており、焼き上げたケーキの上には真っ白くなるまで粉砂糖がまぶされています。
そんなシュトーレンを地元、会津で作り、地元の新たな商品として販売しています。
その特徴は・・・
ドライフルーツにナッツそして皇室献上品としても知られる會津身不知柿(あいづみしらずがき)を銘酒「会津娘」に漬け込み生地へたっぷりと贅沢に練り込んで焼き上げた極上の洋菓子。その名も「會津が香るシュトーレン」。
上品な甘みが広がる優しい味。ほんのり、日本酒の風味が感じられます。洋酒ではなく日本酒に合うシュトーレン。まさに日本のシュトーレンと言えるのではないでしょうか?
インターネットでも購入できるそうです。
http://kobipan.com/

その他、たくさんの種類のパンがあります。
パンの香りは人を幸せな気持ちにしますね。


つづいての情報は・・・
「常磐自動車道・南相馬市にある『セデッテかしま』イルミネーションの点灯式」
すっかり季節は冬。冬のこの時期は、県内各地でもイルミネーションがともり
光の彩りできらびやかになります。高速道路のSA・PAも
寒い冬に、きらきらと輝く演出が施されているところがあります。
先月11月23日におこなわれた点灯式にお邪魔しました。
「鎮魂 復興 感謝 セデッテかしまイルミネーション2019」
LEDイルミネーション およそ35,000個が使われています。投光器を使って
セデッテかしま建物全体のライトアップもされています。
きらきらと浮かび上がったイルミネーションは、思わずため息が出るくらい
きれいですよ。光の海です。
セデッテかしまの周り中央広場を中心に、色とりどり、カラフルな
LEDライトが瞬きます。中央には、今年、さらに延長され15メートルと
なった光のトンネル。相馬野馬追をモチーフとした馬も飾られています。
イルミネーション期間は11月23日(土)〜2020年1月26日(日)までです。

夜の常磐自動車道ドライブの際は、セデッテかしまにお立ち寄りください。



2019年12月14日(土) 11:25

岩手県への旅 遠野市・伝承園 宮古市・浄土ヶ浜

今月のテーマは
「旅しよう!東北6県スマホスタンプラリー。高速道路がつなぐ旅!」
引き続き、岩手県ドライブです。

岩手は紅葉真っただ中。秋の山を横切りながら、今日は岩手県遠野市までおでかけ。
遠野市は民話の里として有名です。そこにある遠野・伝承園。
遠野地方のかつての農家の生活様式を再現し、伝承行事、昔話、民芸品の
製作・実現などが体験できる施設です。
その近くには、カッパがいる、と言われている「カッパ淵」があります。
なんと!そのカッパ淵を守っている人にお話を伺うことができました。

カッパ淵の守っ人(まぶりっと) 運萬治男(うんまんはるお)さん

曲り家、水車、昔話、神様、しきたり、そして郷土料理。伝承園は、その昔
当たり前にあった遠野の人々の生活文化を守り、後世に伝承している施設です。
ここには、日本のふるさとがあります。
地元の語り部による、遠野地方に伝わる民話(たみのはなし)に
耳を傾けてください。方言はもちろん、そのお話の背景にある時代や文化が
聴こえてくるはずです。
その原風景を目で、耳で、肌で、そして舌で感じてください。

また、近くには、カッパがいる、と言われている“カッパ淵”があります。
澄んだ水がさらさらと流れるカッパ淵は、うっそうとした茂みに覆われ
今にもカッパが現れそうです。淵の岸辺には、カッパ神を祀った小さな祠もあります。
なお『カッパ捕獲許可証』を取得すれば捕まえちゃってもよいんです。
エサはキュウリ。インターネットでも許可書は発行されるので、気になった方は
確認してみてください。

次にやってきたのは宮古市にある景勝地・浄土ヶ浜。
三陸復興国立公園・三陸ジオパークの中心に位置する浄土ヶ浜。
鋭くとがった白い流紋岩が林立し、一つ一つ違った表情を見せて海岸を
彩ります。松の緑と岩肌の白、海の群青とのコントラストは一見の価値あり。

浄土ヶ浜の地名は、天和年間(1681〜1683)に常安寺七世の霊鏡竜湖が
「さながら極楽浄土のごとし」と感嘆したことから名付けられたと言われています。

夏は、海水浴もできます。オーシャンターコイズブルーの海で、美しい景色と
一体になるのもいいですね。

なお、ここも、スマホスタンプラリーのスポットでしたので、スタンプもしっかり
ゲットできました!


2019年11月16日(土) 11:25

岩手県への旅 平泉町・中尊寺と花巻市・マルカンデパート大食堂

今月のテーマは
「旅しよう!東北6県スマホスタンプラリー。高速道路がつなぐ旅!」
県外にスタンプをゲットしに行こう!
岩手県のドライブに行ってきました。

まずは世界遺産があります、平泉町へ。
仏国土(浄土)を表す建築・庭園及び考古学的遺跡群
その一つ、中尊寺にお邪魔しました。
中尊寺の金色堂には奥州藤原氏1代〜4代までの亡骸が眠っている黄金に輝くお堂。
やはり、雰囲気がピリッとします。
中尊寺建立の意味は、仏国土(仏の教えによる平和な理想社会)を建設する、
というもの。ここの世界遺産は平和の象徴でもあるんですね。

中尊寺を後にして、東北自動車道、岩手県の前沢SA(下り)に立ち寄り、昼食を
とることにしました。
前沢といえば、前沢牛。日本三大ブランドの牛肉。
これが存分に味わえるメニューが
「七楽 熟まえさわ」を頂きました!
1週間以上寝かせた前沢牛を使用。肉は焼肉丼とステーキに。
焼肉丼は三陸の海の幸等でとっただし汁と岩手県産根わさびで
お茶漬け風でも楽しめます。
そして食器は地元の南部鉄器を使用。
岩手伝統の器で岩手のおいしさを味わえます。

次にやってきたのは花巻市にある
「マルカンデパート大食堂」。以前はマルカンデパートとして
地域に愛されたデパートでした。なんといっても、そこにあった大食堂は、
かつてみんなに愛された、古き良き“昭和の大食堂”。
しかし、2016年に、その歴史に幕が下りました。閉店してしまったんですね。
しかし、いろいろなところから、存続させたい、という声が上がり
皆さんの力によって、復活し、現在も営業を続けています。
県内外から様々な方が “ふるさと”を求めて、ここに集まるようになっています。


2019年11月9日(土) 11:25

担当代わりました。

鈴木美貴子さんに代わって、この番組担当します古賀徹です。
この番組では、初めての男性が担当。
ゆっくりのんびり、あなたとドライブできたらいいな、と。
もしよかったら、貴方の助手席に、いや、貴方が助手席に乗るのか・・・
どちらでも結構です。ご一緒させてください。

今月のテーマは
「旅しよう!東北6県スマホスタンプラリー。高速道路がつなぐ旅!」
スマートフォンを使い、東北各地のスタンプスポットを周遊してスタンプを6つ以上集めると、合計530名に温泉宿等の宿泊券や、各県の特産品などの豪華賞品が当たるというもの。
で、今回は、せっかく“東北6県”と謳っているわけですから県外に向けて、出発!
ふくしまFMは、岩手県のドライブを計画、実行してみましたよ。

しかし、その前に・・・
ちょうど、紅葉、今が見ごろを迎えていますね。宮城県の古川インターを降りて
鳴子温泉に向かって国道47号を進んでいくと、40分ほどで到着します。
紅葉のおすすめ絶景ポイント「鳴子峡」に行ってきました。
あいにくの天候でしたが、これがまた、雲が立ち込めると、とても幻想的。
樹々の色づき、目の前の絶景に、思わずため息。
11月上旬までが見ごろ、のようなので、お急ぎください。
今レストハウス手提供しているおいしいキノコ汁を頂きながら、目の前には鳴子峡。
これ、最高です。

もう一つの話題は
先日、10月15日(火曜日)に、ネクスコ東日本郡山管理事務所で
行われた「氷雪対策作業の安全祈願と除雪車などの出動式」をレポートしました。
そろそろ冬の足音が聞こえてくる季節。冬道対策、欠かせないですね。
ネクスコ東日本では、冬の道路の安全走行のため、しっかり準備を進めています。
本格的な冬を前に、ネクスコ東日本、郡山管理事務所と福島管理事務所では、
今シーズンの氷雪対策作業の安全祈願と除雪車などの出動式を行いました。
10月15日に郡山管理事務所の出動式を取材しました。
当日は、郡山市の「希望ヶ丘こども園」の園児が車両オペレータに花束を渡し
「頑張ってください」のことば贈りました。
その後、除雪車など4台が東北道に出動しました。
これからの季節、ひとりひとりが雪道対策をしっかり、また安全走行を守り
ココロに余裕を持ったドライブをしていきましょう。


2019年11月2日(土) 11:25

<< 前のページ

Generated by MySketch GE 1.1.4

Remodelling origin is MySketch 2.7.4