TOPICS

ふくしまを十七字で奏でよう絆ふれあい支援事業
〜ふくしまの今と元気を発信!〜
主催/福島県教育委員会


「ふくしまを十七字で奏でよう絆ふれあい支援事業」は
福島県教育委員会主催の事業で、「十七字のふれあい事業」として
平成14年度よりスタートしました。

子どもと家族や、子どもと地域の大人が共通体験をとおして
感じた思いや願いなどを五・七・五の十七音に綴ることで
表現する楽しさを味わうことや、家庭や地域、友達との絆をより深めることを
ねらいとしています。

今年度から、「絆部門」(日常生活などでの共通体験を綴った作品)と
「復興部門」(東日本大震災の体験や復興復旧に向けての思いを綴った作品)の
2部門を設け、合計41,502組の応募がありました。
この中から、絆部門、復興部門それぞれで最優秀賞に選ばれた作品を
動画にしてUPしました。

受賞作品を紹介してくれるのは


©AKS
AKB48 Team 8 福島県代表
舞木香純
絆部門受賞作品


©AKS
AKB48 Team 8 群馬県代表
清水麻璃亜
復興部門受賞作品



▲ページトップへ
ふくしまFM